ペケ山ブログ

思いついたことを好きに書いています。

リアルナウシカ 〜胸にカナブンのブローチを〜



また会社に連れてきてしまった様だ。

てんとう虫である。

通勤時に肩に停まってずっとついてきていた。
よくあの満員電車の中潰れずにいたものだ。



f:id:x_yama:20180519222009j:plain




私は虫に好かれている。
のかどうかはわからないが、
誰よりも虫を引き寄せるフェロモンのようなものが
出ているのではないかと思っている。


もちろん、ジブリの中でも風の谷のナウシカが1番好きだ。
そんな想いが体から出てしまっているのか?
とにかく気づいたら体に虫がついている。



すれ違う人たちのギョッとした視線で初めて気付くのだ。



カナブン率はまあまあ高く、
胸元にブローチをつけているかの様で
ちょっとオシャレな状態になっていたりする。

f:id:x_yama:20180519222047j:plain




そんな私だが、ついにこのコンクリートジャングルであいつまで引き寄せてしまった。
 






とある昼休み。







近くのベンチスペースへ。
周辺の会社員の憩いの場になっていた。

f:id:x_yama:20180519222114j:plain


するとバリバリバリと耳元で音がした。
後ろ髪がサワサワっと何かに触れた気がする。


とても嫌な予感がした。


この感じ、大物かもしれない。

頭をブンブン振って手で確認してみた。
いない様だ。



あぁ気のせいだったのだ。良かった。

その後お弁当を食べてしばらくボーッとしていた。
 





すると隣にいた大柄の男性がそっと声をかけてきた。








「あのー・・・すみません、肩・・・カマキリ乗ってます。」







f:id:x_yama:20180519222211j:plain






頭が真っ白になった。




あのバリバリという音。

そう、あいつが羽ばたく音だったのだ。





しかも肩に乗っている・・・だと?














f:id:x_yama:20180519222155j:plain


私はパニックに陥った。



 




 



 

そのもの蒼き衣を纏いて金色の野に降り立つべし・・

f:id:x_yama:20180519222302j:plain







丁度青っぽい服を着ていたため、
突然思いつきの思考で冷静になろうと
自己防衛が働いたが、
カマキリが自分の肩に乗っている状況を
楽しむ事が出来なかった。

 





やはり私はナウシカにはなれない。

 






ペケ山「とっとってぇぁ●×◎▽△☆♨︎♯○$〜」
(ユパ様、この子私にくださいな)

f:id:x_yama:20180519222344j:plain










男性「え?とっとるって・・」
(ああ、構わんが)

f:id:x_yama:20180519222405j:plain










ペケ山「はっはやくー▽△☆♨︎♯○$〜」
(カイにクイ!私を覚えてる!?疲れたでしょ?いっぱい走って!)

f:id:x_yama:20180519222430j:plain









男性「待って!落ち着いて!」
(不思議な、力だ。)

f:id:x_yama:20180519222458j:plain

 








あまりにものパニックに
初めてナウシカの肩に乗ったテトと
初めて私の肩に乗ったカマキリが重なり
想像と現実が交差していた。
 
 








男性はまさかこんなにパニックになるとは思ってなかったのかも知れない。
 
 




錯乱状態の見ず知らずの女から
肩に着いたカマキリを取ってくれと言われた彼は




ハンカチをバックから取り出し、
嫌々カマキリをそーっとつんつんした。





f:id:x_yama:20180519222540j:plain








彼もカマキリが苦手だった様である。







頑張ってハンカチを使って嫌々格闘した結果、
 


「と、取れました・・」
男性は小さい声で呟いた。

 







その言葉を聞いてハッと我に帰った。





見ず知らずの人にカマキリの存在を教えてくれた上、
苦手だろうにここまで親切に対応してくれた人に対してタメ口で除去命令。





そしてひとり取り乱すという痴態。
 




周りの人達からの視線も痛い。
非常に気まずいったらない。
 





「え、へへへ・・大変失礼いたしました。
本当にどうも、ありがとうございました。」
 




深々御礼を申し上げた。
 











その後何事も無かったかのように
私たちはそれぞれ思い思いに時を過ごした。









f:id:x_yama:20180519222114j:plain











暫くして男性は去っていった。
 
 




 

冷静になってカマキリを肩に乗せた姿を想像してみた。









なんだか少しカッコいいかも知れない。

f:id:x_yama:20180519222649j:plain



そのもの青き衣を纏いて金色の野に降り立つべし
古き言い伝えは誠であった・・!
 






 


先程の出来事を忘れたかの様にフッと笑いながら男性がいた隣のベンチをチラリとみた。







するとベンチの隅で青々とした巨大なカマキリがこちらを睨み、ファイティングポーズをしながら体を揺らしていた。
 







こんなもん肩に乗っけてたのか。
身体中鳥肌がたった。
 
 







ナウシカ・・貴方はきっとこのカマキリをもテトの様に友達にしてしまうのだろう。







私は何も無かったかのように涼しい顔でカマキリを横切った。
 






ナウシカ・・カマキリは私、無理みたいだ。
カナブンまでがギリみたいだ。








会社にかえったら
服に見た事がない形の虫がついていた。
新種発見か?




f:id:x_yama:20180519222733j:plain














街中で体に虫を付けている女がいたらそれは私、ペケ山かも知れない。

f:id:x_yama:20180519222047j:plain






早くジブリパークできないかな〜


 
広告を非表示にする