ペケ山ブログ

思いついたことを好きに書いています。

口の中のおっさん曼荼羅 ~天地創造~


先日、あの厄除け関東三大大師の一つにご祈祷に行った。

 

 


お参りをするため、手水舎で手を洗う際、事件は起きた。


そこの手水舎は2人くらいが横並びできるかどうかの大きさだ。
前には年配の男性2人。

柄杓で手を洗う。

その後だ。

 

 

 


前のおっさんたちが2人ともがっつり柄杓に口をつけ口をゆすいだのである。

 

f:id:x_yama:20180318164404j:plain

 

がっぷり、いっておられますね・・

 

 


升酒でものんでる気分にでもなったのだろうか?

後ろに並んだが最後、自分の後ろにも人が並んでいる。
後には引けない。


何度か流水に浸し、
出来るだけ飲み口あたりを外して手を洗い、
手の平に水を受け口をゆすいだ。

 

 


うーん

 


おっさんの口元が頭から離れない。

 

f:id:x_yama:20180318164630j:plain

 

 



願い事半分、おっさんの口元半分でお参りをした後、

 

おみくじを引いたらとんでもない事が書いてあった。

 

 

 

f:id:x_yama:20180318165000j:plain

 

 


生死  10の内、8、9死す

 

 



歴代のおみくじでトップクラスに大辛なお告げである。

 

 

 


しかも生死にまつわる事を
どストレートに書かれたおみくじは
生まれてこのかた初体験だ。

 

 

 


口の中におっさんの口腔菌を噛み締めながら

生死のお告げを手に握りしめ、ご祈祷へ向った。

 

 

 

 

 


やはり密教はカッコいい。


カッコいいといったら怒られるかもしれない。が、やはりカッコいい。

 

f:id:x_yama:20180318165106j:plain


祈祷の際の僧侶達のお経の大合唱は
とにかく迫力があり、ドキドキしてしまう。
祈祷中にそんな事を思ってしまったら
バチが当たりそうなのだが・・

 

 

 

 

 

 


祈祷が始まっても生死のお告げと
おっさんの口元の雑念が頭をぐるぐると駆け巡っていた。

 

f:id:x_yama:20180318165147j:plain

 

 

 


太鼓とお経の大合唱が最高潮に達したころ

 

私は瞑想の向こう側にトリップしていた。

 

 

 

 

 

 


私の口の中でおっさんの菌が広がりながら宇宙になり

 

f:id:x_yama:20160806221708j:plain

 


大日如来が頂点に立つ曼荼羅がおっさん曼荼羅になり、

 

 

f:id:x_yama:20180318165340j:plain

 


生と死のお告げが書かれているおみくじは弾けて粉々になり
それが星となって、新たな生命が生まれて行くという無限ループが繰り返されていた。

 

 

f:id:x_yama:20180319001154j:plain

f:id:x_yama:20160806221708j:plain




なぜかご祈祷終了後、口の中の謎の宇宙と天地創造

ひとりで勝手に胸を熱くさせていた。

 

f:id:x_yama:20180319001129j:plain



 


よくわからないが
祈祷中はだいぶ煩悩が荒ぶっていたため、
大師様のご利益は難しいかもしれない。

 

 


厄払いに行った私は厄を払えたのか貰ったのか。
複雑な心境のまま本堂を出た。

 

 



口の中におっさん曼荼羅を描きながらおみくじを木の枝に結んだ。

 

f:id:x_yama:20180318165340j:plain

 

 


今年も健康に過ごせますように。

 

 

広告を非表示にする