ペケ山ブログ

思いついたことを好きに書いています。

鼻毛哲学

 
何故、そこから出てしまうのか。

 

穴から出る意味が果たしてあるのだろうか。
 
 
目の前のレジの店員さんの鼻から
恥ずかしげもなく出ているそれは
私にその在り方を考えさせていた。
 
 
 
 
 
何故、うっかり出てしまうのか。
 
 
普通は、少しでも奴らが背伸びでもしようものなら、
 
 
まるで森山良子が歌っているかのように
ざわわ、ざわわと騒ぎ出す感覚があるはずだ。
 
 

f:id:x_yama:20160806221223j:plain

 
 
感覚が麻痺しているのか。
 
 
それとも、
竹が成長する速さですこぶる背を伸ばし、
周りの仲間に触れることなく外部に出てしまうというのか。
 
 
 
暗闇の中から出るまでは
隠密の如く足音もなく存在を消し、
闇からからスッと明るみに出たとおもったら
 
 
 
まさに金剛力士の様に存在感を出し続けるのである。
 

f:id:x_yama:20160806221411j:plain

 
 
 
 
 
 
女友達数名でちょっと遠出した時だ。
車でワイワイとドライブしていた。
 
 
途中のサービスエリアで用を足した後、
手を洗ってふと鏡をみた。
 
 
 
 
 
 
まさに右穴から金剛力士が存在感を成していたのである。
 

f:id:x_yama:20160806221411j:plain

 
 
いつから?
 
 
 
森山良子の鼻歌さえ聞こえなかった。

f:id:x_yama:20160806221223j:plain

 
 
 
車内ではずっと笑っていた気がする。
 
 
絶対みんな気づいているはずだ。
 
 
私の両親曰く、
伊東四朗張りに「ニン!」とすると奴らはすぐに顔を出すのだそうだ。
 
 
大変だ。「ニン!」どころではなかった。
 
 
 
 
 
私は急いでこれを抹消すべきと判断した。
 
しかし毛抜き、まさかハサミなど持ち歩いていない。
 
 
 
 
 
これは素手で行くしかない。
 
爪で挟んでグッと力を入れた。
 
 
 
すると抜けずにカールをつけて
存在感を倍増させたのだ。
 
 
 
 
髪の毛を爪で挟んでスーっと引っ張ると
くるくるとネジの様に丸まるアレである。
 
 
 
しかし、くるくるになってくれれば良いものの、
若干オシャレにワンカールになってしまった。
 
 
 
 
仕方ない、グッと中に押し込んで
細心の注意を払い、
一人の友達にこの件をそっと伝え、
右穴を見張ってもらっていた。
 
 
 
 
 

f:id:x_yama:20160806221644j:plain

 
 
 
その日は何事もなく終わり、
家に帰って確認したら
 
 
 
 
奴はいなくなっていた。
 
 
 
 
一体何処へ?
 
 
 
 
摩訶不思議である。
 

f:id:x_yama:20160806221708j:plain

 
 
 
 
 
 
小学4年生くらいだろうか?
 
将棋界に新鋭気鋭の天才がデビュー、
タイトルを総ナメ、
メディアも騒いでいて、
テレビでも良くその名前が聞こえてきていた。
 
 
 
 
 
羽生名人こと羽生善治その人である。
 

f:id:x_yama:20160806221748j:plain

 
まだ幼かったため、この人の凄さを知らなかったのだが、こんなに騒いでいるのだ。
 
 
とてもすごい人なのだろう。
 
 
 
顔をしっかり見たことはなかった。
 
 
名前は知っていた。
 
 
 
何も知らない無垢な少女は
天才と言われる彼を初めてテレビで観た。
 
 
 
 
その時、
 
脳天を撃ち抜かれるほど、
 
青天の霹靂、
 
度肝をぬく衝撃を受けた。
 
 
 
 


 
 
 
 
天才の両穴から大量に突き出とる。
 
 
 

f:id:x_yama:20160806223217j:plain

 
 
 
1本2本なんて生温い。
 
 
 
もう言ってしまえば
小ぶりのバフンウニといったところか。
 
 
 
 
 
 
子供ながらに
 
え?
 
こんなに出してるけどわざとなの?
 
気づいてないの?
 
誰も教えてあげなかったの?
 
いや、脇毛を生やした女性タレントもいたぐらいだ。
 
わざと伸ばしているのかもしれない。
 
ゲン担ぎという可能性もある。
 
 
 
 
・・などと、混乱したのを覚えている。
 
 
 
今思うと問題はそこではないくらい、
羽生善治の才能が凄かったのだ。
 
 
たとえ両穴から仁王像が顔を出していたとしても、
その存在をかき消すぐらいの才能がそれを打ち消したに違いない。
 
 

f:id:x_yama:20160806222008j:plain

 
 
 
 
しかし、後にも先にもあんな状態のものは初体験であった。
 
 
 
 
将棋で名人なんて、
尋常じゃない頭脳と精神力、
技量がないと出来ないし、
将棋にあまり詳しくない私でも
羽生名人はすば抜けて神的な凄さなのだとわかる。
 
 
 
 
 
 
将棋しか見えていないのだ。
 
たかが両穴から出ているだけだ。
 
そう思えてしまう。
 
 
 
 
むしろこの出てしまっていると言う隙が、
尋常じゃない非凡なオーラを際立たせるのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
ああ、これが鼻毛の向こう側ということか。
 
 
 
 
 

f:id:x_yama:20160806222105j:plain

 
 
 
 
 
最近のこざっぱりした羽生名人を見ると
少し寂しい気持ちにさえなるほどだ。
 
 
 
 
 
 
 
隠密同心の如く(大江戸捜査網)正体を隠し、

f:id:x_yama:20160806222134j:plain

 
 
たまに森山良子・・

f:id:x_yama:20160806221223j:plain

 
 
いやもう直太朗も一緒に歌い出し、

f:id:x_yama:20160806222222j:plain

 
 
はたまた仁王像の存在感を出し、

f:id:x_yama:20160806222008j:plain

 
 
陰で支える名脇役と、

f:id:x_yama:20160806222253j:plain

 
様々な顔を持つとは。
 
 
 
 
 
 
 
 
摩訶不思議である。
 

f:id:x_yama:20160806221708j:plain

 
 
 
 
 
目の前でにこやかに笑う
店員さんの鼻毛を見つめ、
 
 
 
穴から出る意味・・答えはまだ出ていない。
 
 
 
と、そんなことを思いながらコンビニを出た昼下がりの午後であった。
 
 
 
 
広告を非表示にする