ペケ山ブログ

思いついたことを好きに書いています。

出会いはスローモーション 〜知らぬが仏〜

 

あなたは人が生ゲンコ(グー)で殴られるのを目の前で見たことはあるだろうか。
 
 
 
とある電車のなかでの出来事である。
 
 
 
その日は電車の遅延のためで、車内はギュウギュウ。
 
金曜の夜なだけあって呑んでいる人もいるのであろう。
お酒の匂いもチラホラ感じていた。
 
ノロノロ運転に各駅で停まりながら運転していたため、
時計を見たりなどして若干イライラしだす乗客もいた。
 
 
 
ペケ山は、仕事帰りでボーッと音楽を聴きながら流れに身を任せていた。
 
 
 
しばらくすると充電が切れてしまったのだが、
イヤホンを外すのすら面倒だったので
そのままのスタイルで家路につこうと心に決めた。
 

f:id:x_yama:20160724143040j:plain

 
 
すると、
だいぶお酒を呑んでいるだろうおじさんが
遅延のイラつきもあったのか
 
 
いきなり隣の眼鏡の青年の胸ぐらをつかんで
 
 
 
「うるせーんだよっっ!さっきからぁシャカシャカ、このヤロウ!!」
 
 
 
と叫んだ。
 

f:id:x_yama:20160724143128j:plain

 
 
ペケ山はしっかりこの声が聞こえていた。
 
だって、エアiPodだったからね!
 
 
 
 
その会話から、音楽がイヤホンから漏れてうるさかったのかなと思った。
 
 
 
 
確かに、エアiPodのペケ山でさえも
シャカシャカ音漏れを何処かしら感じていた。
 
 
 
 
駅で停車していたため、揉み揉みになった二人はホームに出てしまった。
 

f:id:x_yama:20160724143128j:plain

 
 
 
外に出たと思ったらおじさんはメガネ君になんと、
 
右ストレートをかました。
 
 
 
 
 
 
 
バキッ
 

f:id:x_yama:20160724143243j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:x_yama:20160724143310j:plain

 
 
 
 
 
その時だ。
 
メガネ君の眼鏡が宙をまったのだ・・・
 
 

f:id:x_yama:20160724143354j:plain

 
 
こんなの漫画の中だけと思ったが、
実際に起こりうることなのだ。
 
 
 
 
 
 
なんだか眼鏡が空中を飛んでいく時間が長く感じた。
 
 
 
 
 
 
なぜか頭の中で
昼に会社のラジオで聴いた
中森明菜の「スローモーション」が流れていた・・・。
 
 

f:id:x_yama:20160724143529j:plain

 
 
 
 
 
電車の中の人達は劇的な展開に
ただただその状況にポカーンとしていた。
 
 
 
 
 
でもペケ山は知っていた。
 
 
 
 
 
 
このシャカシャカ、メガネ君ではない。
 
 
 
 
 
 
 
私の前にいるこのイケメン兄ちゃんだ、と。
 
 
 

f:id:x_yama:20160724175725j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:x_yama:20160724143634j:plain

 
 
 
メガネ君はおじさんに
 
「ちげーよ!俺なんも聴いてない!イヤホンもしてねーだろーが!」
 
 
と言った。
 
 
 
 
 
おじさんはハッとし、我にかえったのか、
 
 
 
 
「本当だ。・・・・・・ごめん。」
 
 
 
 
と、謝った。
 
 
 
 
電車が出発するアナウンス。
 
 
 
 
メガネ君は眼鏡を拾い、ぷりぷりしながら電車に乗りんだ。
 
 
 
 
おじさんは申し訳なさそうに
 
 
「すみません」
 
 
 
と声にならない声でつぶやきながらホームに残った。
 
 
 
 
プシュー
 
 
 
 
ドアがしまった。
 
 
 
変な雰囲気のまま、ホームに残り、
申し訳なさそうに佇んでいるおっさんを
車内の人達は静かに見送ったw
 

f:id:x_yama:20160724143925j:plain

 
 
 
 
おい、おっさん、どうしてくれる!この状況!!
 
 
 
 
この事件の現況である音漏れをしているイケメン兄ちゃんと、
 
実際にはエアiPodではあるがイヤホンをしているペケ山。
 
どっちが音漏れしてるかわからない状況にメガネ君。
 
 
 
 
きっとイケメンはこの状況何にもわかっていないのだ。
だって会話が聞こえないほど
大音量で音楽を聴いているのだから。
 
 
 
ちらっと顔を見たら
ふーん、なんか揉めたんだろうなっていう雰囲気。
 
 
 
ペケ山はというと、
小心者であるがゆえ、
今更イヤホン取るのもなんだし、タイミングを失っていた。
現状を理解しているので非常につらい。
 
 
 
 
メガネくん、絶対うちらどっちかのせいって思ってるやん!
てか、周りもそうおもってるやん!
 

f:id:x_yama:20160724143634j:plain

 
早く駅につけ!ここから逃げ出したい!
 
 
しかしあと2駅・・・
 
 
 
心臓が飛び出るくらい
ドキドキが止まらなかった小心者のペケ山。
 
 
 
 
地獄の様な時間はまさにスローモーションで過ぎてゆくのだった・・・
 
 

f:id:x_yama:20160724143529j:plain

 
 
生きた心地がしない5分間であった。
 
 
 
 
当事者2人を残してペケ山は逃げる様にホームに降りた。
 
 
 
その後2人はどうなったかわからない。
 
しかしあのメガネ君はきっと
イケメンには文句など何も言わない気がした。
 
 
 
知らぬが仏とはこのことだ。
と心から思ったのだった。

 

 

広告を非表示にする