ペケ山ブログ

思いついたことを好きに書いています。

ダビデ像

Perfumeを見ると、以前、取引先の人が言ってた言葉を必ず思い出す。


どうでもいいのだが、


「初めはのっちが可愛いからのっちを好きになるけど、

しばらくするとかしゆかの可愛さに気づいてかしゆかが好きになって、

結局最終的にはやっぱりあ~ちゃんだよな、ってなるんだよ」

 

・・・・・だそうだ。

 


結局みんな好きなんかいw

 

そのPerfumeファンあるある?を聞かされたために、Perfumeがテレビに出ていると

彼を思い出すのだ。

いや、黒縁眼鏡をかけていたため、

むしろ黒縁眼鏡を思い出すといってもいい。




心に残るエピソードが、その人やその物の印象となる事は多いと思う。


 

 



中学校の頃、キャラの強い歴史の先生がいた。

f:id:x_yama:20160721224824j:plain

色眼鏡(ほぼサングラス)に浅黒くひょろっとした出で立ちで、

話の繋ぎ目では、竹で出来た

手づくりの指し棒を教卓にペペンペンペンと叩き、

落語の合の手を入れるようにリズムを取ってくる様な先生であった。

 

なぜかペケ山は良く当てられ、リズミカルに答えさせられていた。

 

 

 

ある日ルネサンス時代の授業をしていた時だ。

 

 



ペペンペンペン、ペケ山さん?

白目になっていますよ?(寝ていた)

 

 

 

さあ、あなたはこの写真を見てどう思われますか?

ペペペンッ


ルネサンスでお馴染み、あのダビデ像を指して言った。




むにゃ・・・

ん?どうって・・・

 

 

 

ぱっと見、注目すべきところは一つしかないが・・・w

 

 

「はい!そうですね、恥部が丸見えで有ります!」

 

 

なんて言ったらどうなるか・・・

 

普通だったら無難に

「随分と筋肉質に見えます。」

 

 

なんて賢くごまかすべきだったのだが、

言葉の引き出しが無いアホなペケ山は、

もう恥部しか頭に浮かんでこなくなってしまった自分に赤面し(純情w)、

テンパりながら

 

 

「ち・・(恥部)・・はっ裸ですね・・。」

 

 

と答えた。

 

f:id:x_yama:20160721225039j:plain

 

 

ペペペペペンペン

 

 

「あら、あなた、

 

ぺペンッ

 

スケベ       ですねぇ。」

 

f:id:x_yama:20160721225106j:plain

 

とリズミカルに先生は言った。

 

f:id:x_yama:20160721225300j:plain

 

 

田舎の純情中坊女子には

「スケベ」

と言う言葉なんて言うのは

例えて言うなら

 

 

黒魔術の魔法の様なものだ。

 

「メテオ」みたいなものだw

 


一瞬先生が黒魔道士(FF)に見えた。

 


「スケベ」

ティロリロリロン♫



ペケ山は999のダメージを受けた・・・

 

f:id:x_yama:20160721225300j:plain

 

 

しばらくスケベの旋律を受けたことは言うまでもないだろう。

(やーいスケベ~!もうコラー!とかいって廊下を追いかけるアレとかw)

 

 

今考えるとそんな言葉、屁のつっぱりはいらんぐらい平気なのだが・・

 

 

むしろオイシイぐらい。

 

 

それからと言うものダビデ像を見ると

先生の顔を思い出すのだ。

正確にいうと恥部を見るとであるがw

 

 

そういやスケベ先生(違うw)、

同僚の美人な先生と結婚したっけ。

あの先生の何処が良かったんだろう。

 


 

浅黒くて色眼鏡(サングラス)だから・・?ん?まてよ?


それって・・・ATSUSHI・・・?

 

 


・・・・いまダビデ像のイメージにもう一つ加わったと言ったらザイルファンに殺されてしまうだろうか。

 

f:id:x_yama:20160721225531j:plain

※あくまでダビデ像ですw

 

広告を非表示にする